世界自然遺産の登録へ

お問い合わせ

フォントサイズ


壮大な大自然の神秘を辿る島

壮大な大自然の神秘を辿る島

奄美群島を含む南西諸島は「東洋のガラパゴス」と呼ばれ、独自の進化を遂げた貴重な生き物がたくさん生息しています。希少動植物が存在している理由は奥深く、この島を知り尽くしたガイドと巡ることで、目に映る景色の特別さを感じることができるでしょう。ガイドたちは皆、この島の自然を愛する人ばかり。地域の自然を残すこと・伝えることに重きを置くガイドと巡ることで、自然との関わり方から学ぶことができるのです。

ガイド内容は多岐に渡り、ロードキル防止看板の作成や、地域の子供たちへの授業、ガイドのノウハウを外の地域に積極的に伝えるなど、自然を守るためのボランティア活動も行っています。目の前に広がるのは、そんな人たちが守り・育んだ絶景。彼らはエコガイドツアーを通じて、その自然の尊さを伝えている。

奄美大島ガイド・越間氏

奄美大島越間 茂雄さん (こしま しげお・Deep Amami 代表)

奄美大島エコツアーガイド連絡協議会所属の認定ガイド。
広範囲エリアかつ、海・山・川などの多様なフィールドで活動。
その豊富なスキルを活かし、テレビや雑誌などのメディアへのコーディネート等の実績も多数。

奄美大島の取り組み

徳之島ガイド・常氏

徳之島常 加奈子さん (つね かなこ・NPO法人 徳之島虹の会所属)

徳之島のまちあるきや自然体験、観光地の案内など、要望に応じたツアーを実施。
所属している虹の会では、地域の子どもたちや大人の方向けに環境保全活動や自然体験活動・勉強会などを行い、美しく豊かな自然の魅力について知り、伝え、広める活動に取り組んでいる。

徳之島の取り組み

沖縄島北部東村ガイド・比嘉氏

沖縄島北部・東村比嘉 茂正さん (ひが しげまさ・自然体験フォレストひがし代表)

マングローブが茂る川でのカヌー体験、やんばるの森でのトレッキング、福地ダム周辺のカヌーやリバートレッキングを主宰。

沖縄島北部・東村の取り組み

沖縄島北部大宜味村ガイド・市田氏

沖縄島北部・大宜味村市田 則孝さん (いちだ のりたか・NPO法人やんばる舎理事)

大宜味村の屋古(やこ)集落や喜如嘉(きじょか)集落にて、チョウや自然の観察会を地元目線で取り組んでいる。

沖縄島北部・大宜味村の取り組み

沖縄島北部国頭村・大城氏

沖縄島北部・国頭村大城 馨さん (おおしろ かおる・国頭村環境教育センターやんばる学びの森ガイド)

周囲を森に囲まれた施設で、子どもから大人まで、幅広い年齢層を対象にした環境教育プログラムを発信。やんばるの森を地域の資源と捉え、適切な保全と利活用のための調査研究活動も実施。「カールさん」の愛称で親しまれている。

沖縄島北部・国頭村の取り組み

西表島ガイド・森本氏

西表島森本 孝房さん (もりもと たかふさ・西表島バナナハウス代表)

ピナイサーラやマヤグスクなどの滝、西表島を代表するマングローブ林や干潟を歩きながら、自然環境や生きものの多様性をわかりやすい解説で紹介。

西表島の取り組み


Page Top