世界自然遺産の登録へ

お問い合わせ

フォントサイズ


奄美・沖縄 周遊モデルルート

《 周遊モデルルート1 》奄美・沖縄の自然の魅力をぎゅっと詰めて、
アクティブにとことん満喫する4泊5日

東村の森(沖縄島北部)
東村の森(沖縄島北部)

4泊5日で、世界自然遺産候補地「奄美・沖縄」の大自然を満喫するショートモデルルート。
北から順に、奄美大島、徳之島、沖縄島北部を巡り、アクティビティを通して自然と触れ合います。
大自然を体感したいアクティブ派におすすめです。

黒潮の森マングローブパーク
黒潮の森マングローブパーク

1日目:奄美大島

マングローブ原生林をカヌーで冒険
郷土料理に舌鼓

午前中に奄美大島へ。昼食は、奄美大島の郷土料理「鶏飯」をいただきます。「黒潮の森マングローブパーク」では、雄大な山々を背景に、カヌーに乗ってマングローブ原生林の冒険へ(所要時間:約60分)。夜は、地元の人で賑わう屋仁川エリアでローカルフードをお楽しみください。

島内観光

金作原(きんさくばる)
金作原(きんさくばる)

2日目:奄美大島

ヒカゲヘゴが生い茂る金作原(きんさくばる)を
トレッキング
タラソテラピーと美しいサンセット

午前中は、認定ガイドと一緒に金作原(きんさくばる)のトレッキングツアーへ(所要時間:約180分)。 今にも恐竜が出てきそうな雰囲気を満喫したら、「タラソ奄美の竜宮」でタラソテラピーを体験します。 温かい海水の中に浸かったり、ウォーキングを楽しみながら、心身ともにリラックス(所要時間:約120分)。 夕暮れ時には、目の前に広がる大浜海浜公園へ移動して、水平線に沈む美しい夕陽を眺めて、夕食へ。

徳之島へ移動

樹齢300年のガジュマルと石垣
樹齢300年のガジュマルと石垣

3日目:徳之島

樹齢300年を超えるガジュマルと
渓谷からの絶景を眺める

午前中に徳之島に到着。ガイドと一緒に、「300年ガジュマル&阿権鹿浦渓谷観察ツアー」へ出かけます(所要時間:約120分)。 頭上に広がるガジュマルの大樹からは、力強い生命力を感じられます。夕食は亀津エリアでローカルフードをお楽しみください。

沖縄島北部(国頭村)へ移動

ヤンバルクイナ

4日目:沖縄島北部(国頭村)

沖縄島北部・やんばるのナイトツアーへ
ヤンバルクイナに会えるかも

那覇空港〜沖縄島北部へ移動します。ドライブ中、小腹がすいたら、道の駅「国頭村観光物産センター ゆいゆい国頭」でローカルフードを。夕暮れには国頭村の「やんばる学びの森」にチェックイン。夕食後は、ナイトツアーに出かけましょう(所要時間:約90分)。ヤンバルクイナに会えるかもしれません。

沖縄島北部(東村)へ移動

東村の森(沖縄島北部)
東村の森(沖縄島北部)

5日目:沖縄島北部(東村)

カヌーで秘境の森を目指し、ジャングルをトレッキング

ホテルをチェックアウトして、東村の「福地川海浜公園」へ。 ガイドと一緒に、秘境ツアーに出かけましょう(所要時間:約120分)。カヌーで福地ダムを横断し、亜熱帯のジャングルでトレッキングを楽しみます。昼食後は、レンタカーで那覇空港まで移動し、帰路へ。

ページトップへ

《 周遊モデルルート2 》生命力あふれる神秘の森と
観光名所をめぐる5泊6日

ムシロ瀬(徳之島)
ムシロ瀬(徳之島)

日々の喧騒から離れて、大自然のエネルギーを感じ、観光名所をゆったりめぐるルートです。
「奄美・沖縄」の神秘の森は多様な王植物を育み、訪れる人に癒しと元気を与えてくれます。
豊かな自然、水や空気や生き物に囲まれた究極のリラックス体験は一生の思い出になるでしょう。

大石林山
大石林山

1日目:沖縄島北部(国頭村・東村)

パワースポットと絶景
やんばるの自然と歴史を学ぶ

沖縄に到着したら、レンタカーを借りて、パワースポット「大石林山」へ(所要時間:約90分)。約2億年前の石灰岩が広がる独特の風景の中を散策したら、沖縄本島最北端の「辺戸岬」で断崖からの絶景を眺め、「ヤンバルクイナ生態展示学習施設 クイナの森」へ移動します。国の天然記念物「ヤンバルクイナ」の個体を観察し、生態を学びましょう。東村へ移動して「東村立 山と水の生活博物館」で東村の豊かな自然や歴史を学び、広大な敷地にある「東村民の森つつじエコパーク」に宿泊します。

沖縄島北部(大宜味村)へ移動

集落散策の様子

2日目:沖縄島北部(大宜味村)

長寿の里・大宜味村で
集落散策とナイトツアー

長寿の里・大宜味村では「やんばるチョウの住む里の散策ツアー」に参加。集落内を散策しながら、大宜味村や、やんばるでしか見ることの出来ない蝶や動植物を観察しましょう。その後は「やんばるの森ビジターセンター」(道の駅)へ。やんばるの特産品が買えるだけではなく、やんばるの森のパノラマ映像がドーム型スクリーンに投影され、森の中にいるような疑似体験が楽しめるエリアがあります。

徳之島へ移動

徳之島の固有種たち

3日目:徳之島

ゆったりとした時間が流れる徳之島で
希少な動物たちと出会う

徳之島へ移動します。ホテルへチェックイン後、ガイドと一緒に夜の生き物観察に出かけましょう(所要時間:約120分)。アマミノクロウサギやトクノシマトゲネズミ、アマミヤマシギといった固有種を見る事ができるかもしれません。

島内観光

犬の門蓋(いんのじょうふた)・ウンブキ
(上)犬の門蓋(いんのじょうふた)・(下)ウンブキ

4日目:徳之島

徳之島の観光名所めぐり 
グルメ、ショッピングも

レンタカーで徳之島の観光名所をめぐります。隆起サンゴ礁が侵食されて出来た「犬の門蓋(いんのじょうふた)」や、「犬田布岬(いぬたぶみさき)」を巡ったら、島の農産物や特産品、工芸品を販売する「ほーらい館百菜」へ。徳之島地域の文化情報発信施設「徳之島なくさみ館」では、開催時期であれば、約500年の歴史を持つ闘牛を楽しむことができます。
その他、巨大なソテツがトンネル状に育った「金見崎ソテツトンネル」や、岩がムシロを敷き詰めたように広がっている「ムシロ瀬」、日本最大級の海底鍾乳洞「ウンブキ」など、徳之島の自然を満喫して、奄美大島へ移動します。

奄美大島へ移動

大島紬の製造工程・黒糖焼酎工場見学
(左)大島紬の製造工程・(右)黒糖焼酎工場見学

5日目:奄美大島

森林浴を楽しんだら、
大島紬や黒糖焼酎の製造工程を見学

「奄美自然観察の森」では、森林浴を楽しみながら、手つかずの自然と生き物を間近で観察(所要時間:約60分)。1300年の歴史を誇る高級絹織物・本場奄美大島紬の製作工程を「大島紬村」で見学したら(所要時間:約90分)、黒糖焼酎の工場見学へ(所要時間:約60分)。夕食は、名瀬市街地で郷土料理と島唄を楽しみましょう。

島内観光

田中一村記念美術館
田中一村記念美術館

6日目:奄美大島

奄美の大自然について学び、
美術鑑賞と観光へ

ホテルをチェックアウトして「奄美野生生物保護センター」へ。奄美の希少な生き物たちの生態系や自然との共生について学びましょう。「鹿児島県奄美パーク」と「田中一村記念美術館」では、奄美の自然と歴史について学び、日本画家・田中一村の作品を鑑賞します。島内をのんびり観光しながら、たくさんの伝統工芸品や特産品からお気に入りを見つけてお土産に。

ページトップへ

奄美・沖縄 紹介動画


Page Top