世界自然遺産の登録へ

お問い合わせ

フォントサイズ


繋ぐ島 徳之島

徳之島の周辺離島 沖永良部島・与論島

大自然が織りなす造形美を体感 沖永良部島(Okinoerabujima)

沖永良部島は、40万年もの年月をかけて隆起したサンゴの島。テッポウユリやエラブユリなどの花々が美しく咲き乱れることから、"花の島"とも呼ばれています。

また島の地下には200~300の鍾乳洞があり、ケイビング(洞窟探検)を楽しめる全国有数の人気スポットでもあります。「フーチャ」や「田皆岬」といった大自然が織りなす造形美を間近で見ることもでき、リーフが発達した海岸に、ウミガメたちが海草を食べに集まる様子はまさに楽園です。


リーフ(サンゴ礁)に囲まれた リゾートアイランド与論島(Yoronjima)

奄美群島の南端に位置する与論島は、奄美群島最大の規模を誇るサンゴ礁に囲まれた美しい島。サンゴ礁には色とりどりの熱帯魚たちが集まり、マリンスポーツを楽しむ人々の目を楽しませてくれます。

また、島内の浜辺では産卵のために上陸するウミガメの姿を見ることもあります。干潮のときのみ沖合約1.5kmに姿を現す真っ白な砂浜「百合ヶ浜」にはグラスボートに乗って渡ることができ、360度エメラルドグリーンの海に囲まれた神秘的な美しさを体感できます。


徳之島と周辺離島ぐるっと周遊計画

Tokunoshima MAP

「マリンスポーツだけじゃ物足りない」という人には、ケイビング(洞窟探検)や奇岩巡りがおすすめ。

アマミノクロウサギ等の固有種・希少種の生息地となっている山と、穴場のダイビングスポットが点在する海の両方を楽しめる徳之島をメインに、沖永良部島と与論島まで足を延ばせば、それぞれの島が持つ非日常的な美しさを満喫できます。

なお、島と島の移動は海とサンゴ礁の美しさを間近で体感できる海路もおすすめ。徳之島~沖永良部島は海路で約110分、沖永良部島~与論島は約100分で渡ることができます。

周辺スポット

リーフが発達しているところは、ユニークな奇岩や洞窟がたくさんあります。実物を見ればそのスケール感に圧倒されるはず。マリンスポーツとは異なる観点から海の魅力を発見できます。また徳之島の登山道では、希少な植物を踏み荒らさないように気をつけて。


Island Column 神秘の浜・百合ヶ浜

与論島最大の観光名所といわれる百合ヶ浜

与論島最大の観光名所といわれる百合ヶ浜。 春から夏の大潮の干潮時のみ海の中から現れる幻の砂浜です。時期や潮流により日々姿を変えるため、そこで見る景色は一度きりの絶景です。百合ヶ浜で年齢の数だけ星砂を拾えば幸せになれるという言い伝えがあります。


Page Top