世界自然遺産の登録へ

お問い合わせ

フォントサイズ


育む島 やんばる沖縄島北部

自然体験と島の文化

慶佐次川のマングローブ

感動を生む自然・文化体験

本島最北端の「国頭村」では、森林セラピーや夜行性の昆虫を観察するナイトハイクを開催。“海人(うみんちゅ)”の気分が味わえる定置網漁体験ツアーも実施しています。「東村」の慶佐次(げさし)川では、国の天然記念物に指定されているマングローブ(ヒルギ林)を眺めながらカヤックが体験できます。また「大宜味村」では、国の重要無形文化財の伝統工芸「芭蕉布」を体験できる工房があります。

パイナップル畑

自然と共生する素朴な風景

精緻な自然とそこに生きる人々が共生し、歴史を育んできたやんばるは、古くから農業が盛んな地域。シークヮーサーやパイナップルなどの果物が主な特産品として知られています。それらをアレンジしたジャムなどの加工品やスイーツはお土産としても人気を集めています。

各種自然・文化体験から島グルメ、集落の散策など様々な楽しみ方ができるやんばるは、心と体のリラックス&リフレッシュに最適の旅先です。


Page Top